お問い合わせ

  • 予約優先制
  • 各種保険取扱
  • 診療時間

    平日 9:30~13:00 / 15:30~21:00
    土曜・日曜・祝日 9:00~15:00
    (途中休診時間なし、14:30最終受付)

  • 休診日

    火曜・土曜午後・日曜午後・祝日午後

ブログ

子供のフッ素塗布の効果

皆さん、こんにちわ。一段と寒くなってきましたので、体調管理には注意してくださいね。

今回は子供のフッ素塗布にはどんな効果があるのかお話したいと思います。

 

1.初期齲蝕(初期のムシ歯)の歯を元に戻す作用がある

食事をすると酸によって歯に含まれるカルシウムやリンなどのミネラルが溶け出します。しかし通常は唾液の働きで溶け出した成分を元に戻します。この働きを再石灰化といいます。この再石灰を手助けするのがフッ素です。

唾液中にフッ素イオンが存在していると溶け出したカルシウムがより多く再吸収され、再石灰化を促進し歯の修復を促進します。

 

2.ムシ歯菌が出す酸の生成を抑制する

フッ素はムシ歯菌の出す酸の量を抑えることができるため、酸により歯が溶かされることを抑制し、ムシ歯を予防することができます。

 

3.ムシ歯になりにくい強い歯の質にする

歯の再石灰化にあたり、歯の表面のエナメル質の成分とフッ素が結びついてフルオロアパタイトという、ムシ歯の酸に対して大変強い構造になります。この働きによってミネラルが溶け出しにくく、ムシ歯になりにくい強い歯になります。

フッ素は生えたばかりの歯に塗布するのが、最も効果的です。

乳歯・永久歯の生えてすぐの歯はフッ素を多く取り込みやすいので、この時期にフッ素塗布をしておくと丈夫な歯になります。

・乳児のムシ歯になりやすいところ

0~2歳児は上の前歯の歯と歯の間

3歳児以降は奥歯の溝、奥歯の歯と歯の間

 

ご家庭で毎日使用できる研磨剤、洗口液、ジェルなどがあります。いずれも濃度が低いため、ムシ歯予防効果は約10~30%と低めです。

対して、歯科医院での濃度の高い定期的なフッ素塗布の予防効果は約40~60%になります。

歯科医院では定期的な濃度の高いフッ素塗布、ご家庭では毎日使用する濃度の低い研磨剤などでフッ素を上手く併用すると良いでしょう。

 

“フッ素を塗っているから、ムシ歯にならない!”なんてことではありません!!

 

あくまで予防ですので、毎日の歯磨きと正しい食生活が大切です。

フッ素は子どもからお年寄りの方まで幅広い年齢の方に安心して応用することができます。

フッ素塗布でムシ歯予防を効果的に活用するために、1~2カ月、遅くても3カ月に一度は歯科医院でクリーニングし、フッ素塗布を行いましょう。

 

早い年齢から歯科医院でフッ素塗布含めた検診を受け続けることで将来的に残せる自分の歯の数も変わってきます。

なので、お子様も含めてお気軽に来院いただけると幸いです。

小さいお子様にとっても負担にならないように手際よく診察させていただきますので、

ぜひ東山デンタルクリニックでの検診をお待ちしています。

 

関連ページはこちら

【小児歯科】