お問い合わせ

  • 予約優先制
  • 各種保険取扱
  • 診療時間

    平日 9:30~13:00 / 16:00~21:00
    土曜・日曜・祝日 9:30~15:00
    (途中休診時間なし、14:30最終受付)

  • 休診日

    火曜・土曜午後・日曜午後・祝日午後

ブログ

喫煙者は歯周病に注意!

皆さん、こんにちわ。

梅雨の時期は湿度も高く、思っているより体の水分を奪われていることが多いそうですので

水分摂取はしっかりとしてくださいね。

さて、今回はタバコと歯周病の関係についてお話したいと思います。

タバコを吸う人は吸わない人に比べて、歯周病が悪化しやすいことがわかっています。

タバコの煙の成分が粘膜に吸収されることで、血管が収縮し、歯肉の粘膜へ十分な酸素がいきわたり難くなるため、歯周病菌への抵抗力が下がる為であると言われています。

歯周病が進行すると、歯周病菌が発する毒素が徐々に歯周ポケットを深めるとともに、歯を支える骨を溶かしてしまい、最終的には歯を失うことにつながります。

 

また、最近一般的になってきた加熱式タバコは煙が出ないため、紙タバコより歯への着色は少なくなります。しかし、加熱式タバコにも有害物質が含まれており「紙タバコと比較して健康リスクが低い」とははっきり言えない状態です。したがって、加熱式タバコも歯周病をはじめ口腔領域にも悪影響を及ぼす可能性があるとも言われています。

そのため、タバコを吸う人は特に、また喫煙の種類や有無に関わらず、定期的な歯のクリーニングをして頂くことをお勧めします。早期から口の中のメンテナンスを継続的に行うことで、歯周病を改善し、自分の歯を残せる可能性が格段に上がります。症状がなければ、ついついそのままにしてしまうことも多いですが、そこは将来のため、今から歯医者さんへ検診を兼ねたクリーニングに行ってみてください。

PAGE TOP