ブログ|新大阪・東三国の歯科(むし歯・歯周病・入れ歯)・小児歯科・予防・クリーニング・歯科口腔外科・セラミック治療・ホワイトニング・マウスピース製作・インビザライン|医療法人 勝優会 東山デンタルクリニック

背景色の変更:
文字サイズの変更:
〒532-0003
大阪府大阪市淀川区宮原4丁目5-26
WEB予約
  • 予約
  • 電話
  • メニュー
  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 2021年7月14日

    みなさん、こんにちは。

    暑い日が多くなり、夏を感じるようになりましたね。

     

    さて、夏といえば何かと冷たいものを食べたくなりますね。

    かき氷、アイスクリーム、水羊羹、冷やし中華、そうめんなどなど。

    冷たいものを食べたり飲んだりした時に、キン!っと歯がしみたりしたことはありませんか?それはなぜなのか?

     

    それは、歯の表面から2層目にある神経が通っている象牙質(ぞうげしつ)と呼ばれる層が何らかの原因でむき出しになり、

    冷たい刺激に反応して痛みを起こすためです。

    この象牙質がむき出しになる原因は大きく分けて3つほどあります。

    ①虫歯によるもの

    ②噛む力が強すぎて歯の1層目が欠けてしまった場合

    ③歯周病で歯茎がやせ、プラス①や②が重なった場合

    です。

    治療としては、むき出しになった象牙質をプラスチックの材料で

    コーティングや、詰め物でふさぐことで、症状が劇的に改善します。

    せっかくの夏ですから、冷たくて美味しいものをたくさん堪能しないともったいないですよね。

     

    冷たいものを食べたり飲んだりした時に、キン!っと歯がしみたりして困っている方やしみないようにしたい方は、

    是非一度相談に来てみてはいかがでしょうか?思っているより簡単に悩みが解決できるかもしれませんよ。