ブログ|新大阪・東三国の歯科(むし歯・歯周病・入れ歯)・小児歯科・予防・クリーニング・歯科口腔外科・セラミック治療・ホワイトニング・マウスピース製作・インビザライン|医療法人 勝優会 東山デンタルクリニック

背景色の変更:
文字サイズの変更:
〒532-0003
大阪府大阪市淀川区宮原4丁目5-26
WEB予約
  • 予約
  • 電話
  • メニュー
  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 2020年11月28日

    みなさん、こんにちは。

    秋も深くなり、紅葉も見頃となりましたね。

    コロナ禍で外出も制限されますが、短い秋を少しでも楽しみたいものです。

     

    <隠れ虫歯が歯を抜かないといけなくなる原因?>

     

    街中の歯医者さんがみなさんに言う、“抜かないといけない歯・残せない歯”は、実は、虫歯や歯周病の進行の場合もありますが、実は歯が“縦”に割れてしまったときも意外に多いのです。これはズバリ!隠れ虫歯が原因かもしれません!

    一度治療したかぶせ物と歯の隙間から“隠れ虫歯”が進行して、噛んだ拍子にバキッと歯が割れることが多いのです。ポイントは”縦”に割れること!バイ菌が骨の方まで入ってしまう原因になり、長い期間苦しまなければなりません。

    このような理由がありますので、歯医者側も本当は歯を残したいところではありますが、抜くという苦渋の決断を提示しなければならないのです。。。

     

    とはいっても、痛みが無かったり、炎症を起こしていなかったりなどの状況と、みなさんの希望、今後の見通しをてんびんにかけて、治療の選択肢をいくつか挙げることができるかもしれませんので、ぜひともご相談してください!リスクとベネフィットをきちんと説明させていただき、治療を進めていきたいと思います。対処が早いとそれだけ治療の選択肢も増えますので隠れ虫歯の早期発見もかねてご都合いい時に一度歯のクリーニングをしてはいかがでしょうか。

     

    来院していただく患者様の安全・安心を守る取り組みをしながらお待ちしています。