ブログ|新大阪・東三国の歯科(むし歯・歯周病・入れ歯)・小児歯科・予防・クリーニング・歯科口腔外科・セラミック治療・ホワイトニング・マウスピース製作・インビザライン|医療法人 勝優会 東山デンタルクリニック

背景色の変更:
文字サイズの変更:
〒532-0003
大阪府大阪市淀川区宮原4丁目5-26
WEB予約
  • 予約
  • 電話
  • メニュー
  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 2020年8月8日

    皆さん、こんにちは。
     
    新大阪にある、東山デンタルクリニックです。
     
     
     

    スウェーデンは予防歯科の先進国です。
     
    1970年代のスウェーデンは、非常に子どもの虫歯が多い国でした。
     
    ですが、予防歯科に力を入れて10年ほど過ぎた1981年には、日本の約半分まで虫歯の本数を減らすことに成功しました。
     
    日本でも、予防歯科の大切さが知られるようになり、かなり改善されましたが、それでも歯が悪い人が格段に少ないスウェーデンの現状には届きません。
     
    圧倒的な効果をみせるスウェーデン式の歯磨き法について紹介したいと思います。
     
     
     

    歯科医院のプロケアをプラスする習慣化

    スウェーデンでは19歳以下の子どもの歯科診療が無料とあって、幼い頃から歯科検診に通う習慣がついています。
     
    定期的に歯科医院で歯をチェックし、プロによるメンテナンスをきちんと受けているのです。
     
    自宅でのセルフケアでは、ていねいに歯磨きをしている人でも60%~80%までしか落とせないと言われています。
     
    プロケアで、落としきれない蓄積汚れを定期的に清掃することが大切です。
     
     
     

    フッ素の効果を持続させるセルフケア

    歯科医院に通うプロケアの習慣がついているとはいえ、あくまで虫歯予防の基本は毎日のセルフケアです。
     
    スウェーデンでは、フッ素入りの歯磨き剤をたっぷり使い、お口全体に行き渡るような歯磨きの方法を実践しています。
     
    12歳以上の大人のみ対象としたケア方法ですが、歯磨き後は泡などを吐きだしたあとはお口をゆすがないでフッ素の効果を浸透させます。
     
    「歯磨き剤を落とさないのは無理」という場合は、できるだけ少量の水で軽くゆすぐようにします。
     
    フッ素は、世界的にも虫歯予防に推奨されている安全な成分です。
     
    とはいえ、飲み込んで過剰な摂取をせず、歯にフッ素の成分を残す程度の使用に留めるようにするとよいでしょう。
     
     
     
    東山デンタルクリニックでは、定期検診の最には、ご希望に合わせたメンテナンスと虫歯予防の処置を行っています。
     
    フッ素塗布による虫歯予防にも対応していますので、ご希望の方はお声がけください。