ブログ|新大阪・東三国の歯科(むし歯・歯周病・入れ歯)・小児歯科・予防・クリーニング・歯科口腔外科・セラミック治療・ホワイトニング・マウスピース製作・インビザライン|医療法人 勝優会 東山デンタルクリニック

背景色の変更:
文字サイズの変更:
〒532-0003
大阪府大阪市淀川区宮原4丁目5-26
WEB予約
  • 予約
  • 電話
  • メニュー
  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 2020年1月9日

    皆さん、こんにちは。
     
    新大阪にある、東山デンタルクリニックです。
     
     

    歯は一度でも削ると、弱くなってしまいます。
     
    歯が悪くなったら治療しなければなりませんが、治療のためとはいえ、削るともろくなるのは本当です。
     
    そのため、「歯が悪くなったら治療すればいい」という考え方は非常にハイリスクといえます。
     
    最新のむし歯治療では、むし歯に侵された最低限の歯質のみピンポイントで削り取るミニマムな治療を行うことが主流となっています。
     
    なるべく削らない方が、歯の健康維持のためには良いのです。
     
    ここでは、歯を削るとなぜ弱くなるのか、ということについてお話ししたいと思います。
     
     

    歯を削った場合のデメリット

     
    歯を削ることで、次のようなデメリットがでてきます。
     
     
    ■むし歯が再発しやすくなる
     
    削って治療をした歯は、詰め物や被せ物で補強しますが、しっかりと治療できたとしても天然歯よりも弱くなることは否めません。
     
    そこから再びむし歯菌に侵されやすくなります。
     
     
    ■歯の強度が落ちる
     
    歯の表面のエナメル質は、食事をするたびに溶け、唾液のミネラル成分を得て修復される「再石灰化」という作用を繰り返しています。
     
    ごく初期のむし歯なら治ることもあるほどです。
     
    歯や唾液には、お口の中を丈夫で清潔に保つための優れた機能が備わっているのです。
     
    しかし歯を削ると、その能力を持つエナメル質を削り取ってしまうことになります。
     
    歯を強化する「再石灰化」のチャンスを喪失してしまうリスクがあるのです。
     
     
    ■知覚過敏が起こりやすくなる
     
    表面のエナメル質の下には、神経が通った象牙質の層が控えています。
     
    エナメル質を削って下の層が出てくることで、痛みや知覚過敏の症状が出やすくなります。
     
     

    削らなくて済むよう予防・メンテナンスを

    一度削ってしまった歯は、治療しても元通りにすることはできません。痛みや進行を食い止めるための治療を行うことになります。
     
    歯は髪の毛や皮膚のように再生することがないので、悪くならないように、予防することが非常に大切といえます。
     
    この機会に、東山デンタルクリニックで予防のために、定期検診&メンテナンスをはじめてみませんか?