ブログ|新大阪・東三国の歯科(むし歯・歯周病・入れ歯)・小児歯科・予防・クリーニング・歯科口腔外科・セラミック治療・ホワイトニング・マウスピース製作・インビザライン|東山デンタルクリニック

背景色の変更:
文字サイズの変更:
〒532-0003
大阪府大阪市淀川区宮原4丁目5-26
WEB予約
  • 予約
  • 電話
  • メニュー
  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 2019年2月5日

    皆さんこんにちは。

    東山デンタルクリニックです。

     

    歯周病は多くの日本人がかかっている病気といわれていますが、どれくらい進行しているかは人によってさまざまです。

     

    歯がグラグラと揺れ動くほど歯周組織が破壊されている人もいれば、ほとんど自覚症状のない軽度の人もいます。

     

    中度になると、いよいよ本格的な歯周病治療が必要となるため、症状が現れている方はすぐに歯科を受診してください。

     

    ここではそんな歯周病治療について進行度別に詳しく解説します。

     

    軽度の歯周病治療

    軽度の歯周病は、歯茎に軽い炎症が起こっているような状態で、患者さんご自身ではなかなか自覚しにくいといえます。

     

    ですから、軽度の段階で歯周病治療を受けに歯科医院を受診される方はそれほど多くないといえます。

     

    もちろん、定期検診で軽度の歯周病が見つかるなどすれば、早期に歯周病治療を開始することができます。

     

    とはいっても、軽度の歯周病治療では、基本的にお口のきれいに保つためのサポートをすることがメインとなります。

     

    ブラッシング指導を実施したり、歯のクリーニングを行ったりすることで歯周病がこれ以上進行しないように努めます。

     

    中度の歯周病治療

    中度の歯周病は、歯茎の炎症やブラッシング後の出血などが強くなります。

     

    さらに、歯肉炎から歯周炎へと移行し、顎の骨にまで異常が現れるようになるため、できるだけ早い段階で歯周病治療を受けることが重要となります。

     

    中度の段階で歯周病治療を受けることができれば、まだ軽度の段階へと戻すことができますし、しっかりとケアを施すことで、歯周病そのものを完治させることも可能といえます。

     

    これが重度の歯周病にまで進行すると、歯周病治療も難しくなってくるため、できるだけ中度の段階で治すようにしましょう。

     

    重度の歯周病治療

    重度の歯周病は、歯茎だけでなく顎の骨まで破壊されてしまっているため、ブラッシング指導や歯石の除去で症状を抑えることは困難です。

     

    ですから、歯周外科と呼ばれる外科処置がメインとなります。

     

    歯周外科では歯を半分に分割したり、顎の骨を削ったりするなど、大掛かりな処置を施す機会が増えます。

     

    ケースによっては再生療法なども適用されます。

     

    まとめ

    このように、歯周病は軽度もしくは中度の段階でしっかりとした歯周病治療を受けることが重要です。

     

    歯を失う原因第一位は歯周病となっていますので、たかが歯周病とは考えず、歯茎などに違和感が生じたら歯科を受診しましょう。

     

    医院名 東山デンタルクリニック
    院長 東山 亮
    所在地 532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原4丁目5-26
    電話番号 06-6395-4618
    URL
    業務内容 一般歯科・小児歯科・口腔外科・歯周病治療など
    説明 大阪メトロ御堂筋線「東三国」駅より徒歩8分、JR「新大阪」駅より徒歩7分の当院では、通いやすく、親しみやすい歯科医院としてコミュニケーションを大切にしています。また、CT画像などでわかりやすく、なるべく痛みを抑えた治療を行っております。