ブログ|新大阪・東三国の歯科(むし歯・歯周病・入れ歯)・小児歯科・予防・クリーニング・歯科口腔外科・セラミック治療・ホワイトニング・マウスピース製作・インビザライン|東山デンタルクリニック

背景色の変更:
文字サイズの変更:
〒532-0003
大阪府大阪市淀川区宮原4丁目5-26
WEB予約
  • 予約
  • 電話
  • メニュー
  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 2019年1月17日

    皆さんこんにちは。

    東山デンタルクリニックです。

     

    歯の黄ばみや黒ずみといった着色が気になる方には、歯科医院で受けるホワイトニングがおすすめです。

     

    歯ブラシでは落とすことのできない着色汚れを改善し、歯が持つ本来の白さへと回復させることが可能だからです。

     

    ただ、歯科医院で受ける処置となると、痛くないか心配になる方も多いことでしょう。

     

    そこで今回は、歯科医院で受けるホワイトニングについて、痛みの有無を中心に詳しく解説します。

     

    歯科医院で受ける歯のホワイトニングとは

    歯科医院で受ける歯のホワイトニングとは、簡単にいうと「歯の漂白」です。

     

    過酸化水素が含まれたホワイトニングジェルを用いて、黄ばんだり黒ずんだりしている歯を白く漂白します。

     

    ですから、一般では取り扱うことのできない薬剤を使用するため、痛くないか心配になる方も少なくないのです。

     

    専門家による施術であるため痛くない

    歯科医院で受けるホワイトニングは、歯科医師や歯科衛生士といった歯の専門家が施術を行うため、強力な薬剤を使ったとしても健康被害が生じることはまずありません。

     

    ですから、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングといった施術法では、歯科医師の指示通りにしていれば痛みを感じることはないといえます。

     

    ただし、ホワイトニングの特性上、施術後しばらくは「知覚過敏」の症状が現れることがあります

     

    知覚過敏は冷たいものなどがしみる病態ですが、ホワイトニングが原因の場合はある程度時間が経過すると、自然に消えていきます。

     

    市販されているホワイトニング剤は要注意

    上述した通り、歯を漂白できるくらい強い作用を持ったホワイトニング剤は、基本的に歯科医師が処方するものであり、一般の人が販売することは許されていません。

     

    けれども、ネット上では個人輸入されたホワイトニング剤が販売されていることもあるため注意しましょう。

     

    そういった濃度の高いホワイトニング剤を自己流に使用してしまうと、歯や歯茎に思わぬダメージが及ぶことがあるのです。

     

    まとめ

    このように、歯科医院で受ける歯のホワイトニングは痛くない施術法といえますので、歯の着色が気になる方はまず当院までご相談ください。

     

    ホワイトニング処置が可能かどうかを見極めた上で、適切な処置を施します。

     

    医院名 東山デンタルクリニック
    院長 東山 亮
    所在地 532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原4丁目5-26
    電話番号 06-6395-4618
    URL
    業務内容 一般歯科・小児歯科・口腔外科・歯周病治療など
    説明 大阪メトロ御堂筋線「東三国」駅より徒歩8分、JR「新大阪」駅より徒歩7分の当院では、通いやすく、親しみやすい歯科医院としてコミュニケーションを大切にしています。また、CT画像などでわかりやすく、なるべく痛みを抑えた治療を行っております。