ブログ|新大阪・東三国の歯科(むし歯・歯周病・入れ歯)・小児歯科・予防・クリーニング・歯科口腔外科・セラミック治療・ホワイトニング・マウスピース製作・インビザライン|東山デンタルクリニック

背景色の変更:
文字サイズの変更:
〒532-0003
大阪府大阪市淀川区宮原4丁目5-26
WEB予約
  • 予約
  • 電話
  • メニュー
  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 2019年1月11日

    皆さんこんにちは。

    東山デンタルクリニックです。

     

    口元の悩みといえば、歯の黄ばみや黒ずみですよね。

     

    どんなにていねいに歯磨きしていても、歯というのは徐々に着色していってしまうものです。

     

    そんな歯の着色や変色というのは、基本的にブラッシングで落とすことは難しいので、歯科医院でのホワイトニングがおすすめです。

     

    ここではそんな歯のホワイトニングについて施術方法などを詳しく解説します。

     

    ホワイトニングってなに?

    歯のホワイトニングとは、過酸化水素や過酸化尿などが含まれた薬剤を使って、「歯の漂白」を行う処置法です。

     

    タバコのヤニやコーヒーなどで着色した歯をきれいな白色へと戻すことができます。

     

    ちなみに、市販されている歯磨き粉にも「ホワイトニング効果が期待できる」と宣伝されている場合がありますが、そういった場合のホワイトニングは、歯科医院で受けるホワイトニングとは少し異なります。

     

    なぜなら、市販の歯磨き粉には漂白作用がないからです。

     

    ですから、歯科医院で受ける歯のホワイトニングと市販のホワイトニング歯磨き粉には、根本的な違いがあることを知っておいてください。

     

    ホワイトニングで歯は削らない?

    歯科医院で受けるオフィスホワイトニングは、かなりしつこい着色汚れや歯の変色を改善することが可能です。

     

    それだけに、歯を削らないか心配になっている方もいらっしゃるようです。

     

    結論から言うと、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングで歯は削らないです。

     

    これらはあくまで歯の漂白を行う処置法なので、歯を削ったり、傷つけたりするようなことはありません。

     

    一方、ラミネートベニアやセラミッククラウンなどによって歯の色を改善する補綴治療では、必要に応じて歯を削ることがありますので注意が必要です。

     

    まとめ

    このように、歯のホワイトニングはホワイトニングジェルによって歯を漂白することで、着色や変色を改善することができます。

     

    歯は削らないため、強い痛みなどを感じることはありません。

     

    ただし、オフィスホワイトニング後には、一時的に「知覚過敏」という症状が現れることもありますので要注意です。

     

    とはいえ、歯の着色や変色を根本から解決したいという方には、歯科医院でのホワイトニングがおすすめといえます。

     

    医院名 東山デンタルクリニック
    院長 東山 亮
    所在地 532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原4丁目5-26
    電話番号 06-6395-4618
    URL
    業務内容 一般歯科・小児歯科・口腔外科・歯周病治療など
    説明 大阪メトロ御堂筋線「東三国」駅より徒歩8分、JR「新大阪」駅より徒歩7分の当院では、通いやすく、親しみやすい歯科医院としてコミュニケーションを大切にしています。また、CT画像などでわかりやすく、なるべく痛みを抑えた治療を行っております。