ブログ|新大阪・東三国の歯科(むし歯・歯周病・入れ歯)・小児歯科・予防・クリーニング・歯科口腔外科・セラミック治療・ホワイトニング・マウスピース製作・インビザライン|東山デンタルクリニック

背景色の変更:
文字サイズの変更:
〒532-0003
大阪府大阪市淀川区宮原4丁目5-26
WEB予約
  • 予約
  • 電話
  • メニュー
  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 2019年1月7日

    皆さんこんにちは。

    東山デンタルクリニックです。

     

    お子さんのお口の健康でまず注意しなければならないのは、やはり「むし歯」です。お子さんの歯は比較的むし歯にかかりやすく、進行もしやすいので、親御さんが常にチェックしてあげることが大切です。

     

    それでもやはり、むし歯を予防するのは大変ですので、歯科医院での予防処置を受けることをおすすめします。

     

    ここではそんな子供のむし歯予防について詳しく解説します。

     

    子供の歯がむし歯になりやすい理由

    子供の歯である乳歯は、大人の歯である永久歯よりも薄くできています。

     

    歯の神経である歯髄までの距離も近いため、放置すると重症化しやすいです。

     

    また、子供の奥歯は、小窩裂溝(しょうかれっこう)と呼ばれる細かい溝がたくさんあるため、食べ物やプラークがたまりやすくなっており、むし歯の発症リスクをさらに高めているといえます。

     

    そこで必要となるのが、歯科医院で受ける子供のむし歯予防処置です。

     

    乳歯のむし歯予防処置

    歯科医院では、子供の歯に対して積極的にフッ化物塗布を行うようにしています。

     

    フッ素を歯面に作用させることで、歯質が強化され、むし歯を発症しにくくなります。

     

    さらに、「シーラント」と呼ばれる処置を施すことで、奥歯に食べ物やプラークがたまらないようにします。

     

    シーラントはレジンなどのプラスチックで歯の溝を埋め、表面を滑沢にする処置です。

     

    とくに痛みや不快感などを与えることなく、むし歯の予防効果を高めることができます。

     

    歯磨き指導

    当院では、お子さんのむし歯を予防するために、歯磨き指導を実施しております。

     

    お子さんはひとりひとりが異なる歯並びをしていますし、成長段階に応じて、歯の磨き方も変えていかなければなりません。

     

    さらに、親御さんへの仕上げ磨きについても指導させていただくことで、さらにむし歯予防効果を高めていきます。

     

    まとめ

    このように、子供の歯はむし歯になりやすい傾向にあるため、予防処置を積極的に受けていくことが大切です。

     

    お子さんのお口の健康で何かお困りのことがございましたら、お気軽に当院までご相談ください。

     

    医院名 東山デンタルクリニック
    院長 東山 亮
    所在地 532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原4丁目5-26
    電話番号 06-6395-4618
    URL
    業務内容 一般歯科・小児歯科・口腔外科・歯周病治療など
    説明 大阪メトロ御堂筋線「東三国」駅より徒歩8分、JR「新大阪」駅より徒歩7分の当院では、通いやすく、親しみやすい歯科医院としてコミュニケーションを大切にしています。また、CT画像などでわかりやすく、なるべく痛みを抑えた治療を行っております。